taxi-driver

タクシードライバーの日々を徒然なるままに

新型コロナ感染者用タクシー

トヨタが「ジャパンタクシー」をベースに新型コロナ感染者の移送用車両を千葉県に供給した。

 

car.watch.impress.co.jp

 

記事から読み取れる範囲でわかることは以下の2点だ。

・運転席と後部座席(客席)の間で、透明シートが設置され隔離されている。

・運転席側の気圧が陽圧で、後部座席側は負圧になるように設定されている。

 

これが本当なら客席側は病院の減圧室と同じであるので、運転者が新型コロナウィルスに接触する機会は、ほぼなくなるだろう。

 

どうしても接触感染を避けられないのは以下の2点と思われる。

・料金の支払い時

・お客様の乗降時

料金の支払いは、現金である場合はお金を介して、クレジットカードの場合はカードを介して接触が発生してしまう。これは電子マネー決済にすることで接触が避けられるが、決済方法はお客様の裁量で決められるので運転手側で任意に選択できない。

また、車椅子のお客様は介助なしで乗降時していただくことは難しいだろう。どうしても直接接触が避けられないだろう。

 

上記2点の直接接触の対策をきちんと行えば、これまでのタクシーよりも安全にタクシーを運用することが可能だ。

 

自宅待機となっている軽症患者を、各利用施設(自治体の借り上げホテルなど)への移送する際に、救急車ではなく、この様なタクシーを利用してもらえるならば、タクシー業界の売り上げ支援にもなるだろう。

 

この取組は可能性を感じさせる良いものだと思う。