taxi-driver

タクシードライバーの日々を徒然なるままに

転職しました

私は、これまでにITエンジニアとして特定派遣社員をしていました。

 

転社を沢山経験させていただきましたし、そういった中で仕事が切れてしまうことも多かったですが、多くの期間については、よい仕事、よい人たちに恵まれ、沢山のやらかしや失敗をしながら、多くのことを学ばせていただきながら、一般的なサラリーマンの真ん中より少し下の生活をさせていただいていました。

 

仕事を行なっていく中で「あれがー」、「これがー」という様な、どこにでもある、小さな不満は大いにありました。ですが、転”職”するほどの大きな不満ではなく、むしろ、全体的には楽しく取り組んでいました。

 

しかし、5年ほど前から、小さなことから大きなことまで、様々な要因が重なって、状況がどんどん複雑化する様になりました。

 

先にも書いた通り、ITの仕事に不満はなく、自分で望んで就いた仕事であったのですが、この度、全くの異業種である、タクシー業界に転職することとなりました。

 

このブログでは、実際にタクシー業界に転職をしてからの日々を描いていきたいと思います。